6/5 12:00までエックスサーバーで半額キャッシュバック中!詳細を見る

超インドア派な青森在住ブロガー イブって?黒歴史だらけのプロフィール

こんにちは!現役ブロガーとして活動しているイブです。

ブログを見にきてくださってありがとうございます!

現在はブログの始め方をメインで書いていて、今後は副業系についても発信していく予定です。

イブ

ここでは自己紹介をしていきたいと思います!

結構長くなってしまったので、お時間あるときにでもご覧いただけたら嬉しいです!

目次

イブの簡単なプロフィール

名前:イブ(このあだ名で呼ばれることが多い)

年齢:30歳(1993年12月10日生まれ)

出身地:青森県

血液型:典型的なO型。たまに几帳面

性格:楽観的で変わり者。よくいえば個性的(笑)

家族構成:父、祖父、私、ネコ(ロシアンブルー)

兄妹:一人っ子

ステータス:独身。自由って最高♡

職業:フリーランス(ブロガー、たまに美容系WebライターとWebサイト制作)

趣味:パソコン、アマプラ、YouTube、読書

ストレス解消法:料理、紙に丁寧な字をひたすら書く、ネコをモフる♡

骨格:ストレート

パーソナルカラー:スプリング×サマーのブルベ

好きな色:スカイブルー、ラベンダー、パステルピンク、ホワイト、ベージュ、グレー

好きなファッション:キレイめ、エレガント

好きな食べ物:なんでも好き。ブラックコーヒーは必須

好きな世界観:君の名は、満月珈琲店、アーティストmochaさんのアート

苦手なもの:マルチタスク、集団行動、人混みの中、たばこ

ブログとは?:ネット上にある自分の家♡

父子家庭だけど父と別居。16年間祖父母に育てられた話

「複雑な家庭だね・・・」と思った方もいるのではないでしょうか。

この衝撃的なタイトルにはこんな理由があります!

わかりやすく箇条書きで書きますね。

父の持ち家で暮らしてたけど、2歳のときに両親離婚

父の仕事が夜勤だったので、幼稚園も小学校も近い祖父母の家で暮らす

 (ここから二拠点生活のスタートですw)

祖父母の家から幼稚園~高校まで通う。土日はたまに父の家でエンジョイ

高校3年生になった頃、私が「卒業したら県外に行く!」といいだす

父はすこしでも一緒にいられる時間を増やそうと決意し、実家へ引っ越してきた!

という経緯がありました。

二拠点生活と書いたのには理由があって、

幼少期から「父と別々に暮らす」というのが当たり前だったので、「自分の家が2つある♪♪」と思って楽しかったんですよね。

学校が休みのときは父の家に遊びに行っていたので、

父が実家に引っ越してくると知ったときは正直「遊びに行く家なくなっちゃうなぁ」とガッカリしていました。

結局、私は高校卒業しても県外に行かなかったんですが(笑)

それからは学生時代に一緒に過ごさなかった空白の時間を埋めるように、今でも仲良く一緒に暮らしています。

この話を年配の方に話すと

「よくグレないで素直に育ったね~!!」

と高確率でいわれるのですが、私はそれが当たり前だったので

なぜそんなことをいわれているのかが理解できませんでした。

今になって「一般的な家庭と違ったんだなぁ」と思いますが、他の人と違う生活を送れてすごく楽しかった思い出しかありません!

人見知りすぎて「なんで喋らないの?」といわれた小学生時代

今でこそ語れますが、小学生時代は人見知りすぎて幼なじみ2人以外、まったくコミュニケーションが取れませんでした。

超絶コミュ障です(笑)

あるとき、転校生の子が勇気を出して私に話しかけてくれました。

転校生「好きな食べ物ある?」

私「・・・。」

私は内心、話しかけられた!どうしよう!とパニック状態・・・!

転校生は近くにいたクラスメイトに「なんでこの子喋らないの?」といいました。

もちろんクラスメイトは「さあ?」というしかなく(笑)

ここまでの話だとこれからの人生不安でしかありませんよね。

しかし、小学校3年生のある日、幼なじみ1人があることに誘ってくれました。

「ねえ、イブ。そろばんやらない?パチパチしておもしろいよ!」

ここがまちがいなく人生の転機!小3の秋、そろばん教室に通い始める

何か習い事をするって考えたこともなかったのですが、幼なじみがいるなら・・・という軽い気持ちでそろばんを習い始めました。

しかし、幼なじみは私が通い始めて数ヶ月後にやめてしまったのです。

理由は、「お友達紹介の特典」をもらえたから。(ひどいw)

「ひとりでそろばん教室に行けない・・・」

そう思いました。

ただ、そろばん教室に行ってしまえば意外とひとりでも平気なことに気づいたんです。

そこに気づいてからは、ほぼ休まず月・木・金の週3回通いました。

通っていたそろばん教室内でパソコンにも力を入れていたので、そろばんを始めてちょうど1年が経った頃、パソコンもスタート。

初めてノートパソコンで文字を打つワクワク感がたまりませんでした!

(のちに私がパソコン1台で生計を立てる原点となったのがこのとき!)

そろばんとパソコンを併用して習い始めて、できることが増えていくのが楽しくて、小6でそろばん1級・パソコンは複数の資格を取れるまでに成長しました。

そして、超絶コミュ障からも脱出!

「おはよう」「ありがとう」を自分からいえるように!!

レベル低すぎですが成長したんです!(笑)

自分から挨拶できるようになった中学生時代

検定に合格したことで、すこしずつ自信を持てるようになってきました。

中学校では7クラス。350人ほどの同級生と集団生活がスタート。

イヤすぎました。早く学校終われと何百回思ったことか・・・(笑)

それでも自分からあいさつだけはしよう!と決めていたので、勇気をふりしぼって毎日実行したのを覚えています。

卒業する頃には、同級生から話しかけられても自然に会話できるようになり、授業中も手を挙げて発表できるようにまで急成長!!

そろばんも四段に合格し、パソコンも複数1級に合格!

(3年間、部活をサボったかいがありました!!)

15歳になった私は、「努力すればできるんだ!」と自信がついていました。

このあたりで私の性格がはっきりしてきます。

それは、

「自信に満ちあふれたプライドの塊」です。

人見知りがウソのよう。生徒会長になった高校生時代

「お金ないから私立はダメだよ!!」と父にいわれていましたが、なぜか私立へ入学w

私の家系では、女性はみんな私立の〇〇高校なんです。

不思議ですね(笑)

それはともかく、父は入学金や授業料、その他必要道具にかかる心配で頭がいっぱいだったでしょう。

父の提案で、奨学金制度を利用することにしました。

利用条件が、入学試験の筆記の成績がかかわってくるのだそう。

受験以上にがんばった結果、奨学金を利用できることになりました。

校内は綺麗すぎるし、制服もかわいいし、もうひとりの幼なじみと一緒だしということもあり、学校生活がはじめて楽しい!と思えました。

そんなとき、「生徒会に入ってみない?」と先輩から声をかけられ、幼なじみと一緒に生徒会へ加入することに・・・

尊敬していた女子生徒会長の存在

当時、私が高校1年生だったときの女子生徒会長を今でも尊敬しているんです。

成績優秀で、いつも感謝の気持ちを忘れないとても思いやりのある先輩でした。

目標にまっすぐで目指していた難関大学に合格。

尊敬する生徒会長みたいに私もなりたいと思いました。

優等生を演じきった3年間

まず、尊敬する生徒会長がそれまで行動してきたことをマネしました!

生徒会長は成績トップクラスなので、定期テストは良い点を!と思い、テスト2週間前からガチ集中!!

勉強苦手なので、テスト範囲を全13教科丸暗記しました!!

ときには教科書を丸暗記したこともありましたw

結果、3年連続成績優秀者の仲間入り達成です!

(暗記なのでテスト終わったとたんに記憶から消去されますw)

ちなみに成績をクリアしたところで、高1の後半で総務部長へ就任。

1年後には生徒会長へ就任!!

高校生活はすべてやりきりました。

積み重なったプライドの塊

忘れてはいけないのが前章で軽くふれた15歳で「自信に満ちあふれたプライドの塊」が確立されたこと。

自分でいうのもおこがましいですが、高校3年間で数々の成績を残しました。

・成績学年トップ

・生徒会長へ就任

・そろばん1級満点合格でニュースになる

・パソコン検定5種目1級合格で表彰される

・男子からはなぜか「社長」と呼ばれ「社長すげー!」といわれる

ここまでで一体、どれだけプライドの塊が積み重なったことでしょう(笑)

今となっては過去の栄光にしかすぎません。

プライドの塊、完全崩壊

実は高校生でアルバイトを経験したくて、高2の夏から某ハンバーガー店でアルバイトを始めたんです。

「学校生活も順調だし、バイトもできるはず♪」

そう思っていました。

社会人になって改めてわかりますが、働くってそんなに甘いものじゃありませんよね。

当時、教えてもらったことはメモを取らない、言葉遣いはなっていない、作業が遅すぎる、食器割るなど・・・

散々でした。

優等生を演じていたのに、アルバイトでは3ヶ月でクビです(笑)

まさに、「プライドの塊、完全崩壊」です。

やりたいことを見つけるためにチャレンジした会社員生活

一生の宝物のような経験をした高校生活が終わり、私は大学へ進学せず就職する道を選びました。

こういう仕事をしてみたいというのがまったくなくて、とりあえず資格を活かすために就いたのが県の非常勤事務員です。

正直いって、働く環境も人間関係も最高でした!

3年間の決まりだったので、期間満了後は他会社へ就職。

会社のルールに縛られたくないと感じ始める3年間の団体職員

職場の都合で、初めてひとり暮らしをしました。

空きのアパートが限られていて、ひとりなのに2LDKのアパートに3年間住んでいました。

めっちゃ快適!!

このときに生活スキルが身につきましたね。

仕事はというと、上司の顔色をうかがう毎日ですごくしんどかったです。

気分によって態度が変わったり、怒鳴られたりと憂うつで、

こんな生活があと40年もつづくのかな・・・

と思うように。

「会社のルールに縛られない仕事がしたい」と感じ始めたのもこの頃からです。

自分は何が好きで、何に興味があるんだろうと考えていた頃、イベントの司会に任命されました!

台本を読むだけのカンタンな司会進行だったのですが、「マイク使うの楽しい!」と思ったんです。

ご縁があって、司会事務所の社長さんに声をかけていただいてアナウンスのレッスンを受けてみることにしました。

給料より楽しさのほうが勝り、司会事務所への所属を決意。

団体職員は3年で退社。

約1年、命の尊さを学んだ葬儀司会

何といっても葬儀司会デビュー初日は忘れもしません!

ガチガチに緊張していて、マイクを持つ手も声も震えました。

「この場を仕切るのは私。失敗はできない。」

ただそれだけを考えて業務をこなした日でした。

1年ほど司会をつづけて、100人以上の故人さまをお見送りしてきました。

お葬式って重い雰囲気だと思っていましたが、実際はとても愛に溢れていることが多いんです。

亡くなったらもう会えないのは当たり前ですが、私たちの心の中でずっと生き続けてくれます。

だからこそ家族との時間を1分でも2分でも大切にして、後悔がないようにしたいと思える経験でした。

ちなみに、お線香の匂いが原因(!?)でアレルギー性鼻炎と気管支喘息を発症し、司会を続けられなくなってしまったので退所。

同年代の人と働いてみたい!入社した大手脱毛サロンが3年半で倒産

19歳から全身脱毛をしていたこともあり、脱毛サロンに興味がありました。

エステサロンだと、エステも脱毛も事務仕事をあるのでハードそうと思い、脱毛サロン専門店へ入社。

初めての接客業だったので、先輩方から接客について1から教えてもらいました。

先輩方は本当に思いやりがあって、私の自己中心的な考え方を正してくれました!(笑)

働く環境も人間関係もよかったです。

ちなみに、入社時点で私は26歳でした。

働いていくうちに独立しようという気持ちが強くなり、30歳までにフリーランスとして活動できるように土台をつくらなきゃと模索を始めます。

独立準備のために自己投資を始める

自分はこれから何をしていきたいのか、人生の棚卸しをしました。

好きなこと、嫌いなこと、やりたいことを紙に全部書き出したら進むべき道が見えてきたんです。

それは、会社のルールに縛られず、好きな場所・好きな時間で自由に働きたいということ。

そして小学生のときから飽きずに毎日できたパソコン。

掛けあわせたら「Webデザイナー」に辿りつきました。

目標が決まったら即行動するタイプなので、地元のWebデザインスクールに通い始めます。

ここから私の運気は急上昇!!

インスタグラムで心から尊敬するインフルエンサーさんと出会い、Webデザイナー以外のもう一つの道を見つけました!

そのためには自己投資は必須と考え、SNS講座・ブログライティング講座を並行して受講。

毎日、時間がある限りインプットに力を入れていました。

そうしているうちに、突然脱毛サロン倒産のお知らせが・・・!!

独立の目標としていた期間まであと半年くらいあったんです。

希望者のみ新会社へ転籍できるというお話もあったので、現状を考えて「まだやめる時期じゃない」と判断して転籍することにしました。

今回ばかりは計画的に行動しないと後悔すると思ったからです。

30歳で独立宣言

ここまでくるともう私の心は決まっています。

周りの人たちや職場の先輩方にも独立宣言をしている状態でした(笑)

みんな応援してくれてとても励みになりました。

宣言したからには、もう逃げられませんね(笑)

いえ。逃げられない状況をつくったんです。

職場の先輩から「会社を辞めて独立するって不安じゃないですか?」っていわれました。

その質問に対してこう答えたんです。

「独立する準備をしてきたので不安じゃないです。楽しみのほうが大きいです!」

しっかり答えられたから大丈夫。そう思いました。

でも正直、不安もありましたよ。

無職になって、成功する保証もないことに時間を費やしてこれでいいんだろうか・・・。

でも考えてみてください。

続けた人しか成功しないんです。

みんながやらないことにチャンスは眠ってるんです。

みんなが面倒くさがることをやった人が成功するんです。

私がこのブログで伝えたいこと&立ち上げた理由

このブログは2023年12月10日に立ち上げました。

私がフリーランスとして活動していくと心に決めた日です。

ブログのコンセプトは「在宅ワークでストレスフリー」。

テーマは「自分らしく生きていく」。

時代の移り変わりとともに働き方も多様になってきていますよね。

私はあの時、会社を辞めてフリーランスとして挑戦する人生を選んで心から良かったと思っています。

今の私があるのは、間違いなく、尊敬するインフルエンサーさんに出会えたおかげです。

ブログとSNSの可能性を教えていただいたからこそ、「ブログで人生を変える人」をひとりでも増やしたいと本気で思っています。

これがブログを立ち上げた理由です。

このブログでは「自分らしく生きていくために」具体的にどうすればいいのか?を伝えていきます。

わたしはブログとSNSで人生が180度変わりました。

人見知りの超絶コミュ障だった私が「自分らしく生きていく」を叶えるために、

一つひとつ努力してきた裏側や、これから更に挑戦していく内容をすべてお伝えしていきたいと思っています。

具体的には、当ブログでは現在「ブログの始め方」についてお伝えしています。

– How to Blog –

ブログの始め方

私のように人生を変えたいと思っている方はもちろんですが、

「会社を辞めるほどではないけど、少しでも暮らしを豊かにしたい」

「最初は副業からでもいいから自分の人生を好きになるきっかけが欲しい」

という方にも読んでほしいです!

あとはこんな方にも!

こんな方におすすめのブログです!
  • 「自分らしく生きていく」生活に憧れる
  • 今の人生をすこし良くするきっかけが欲しい
  • ストレスフリーに過ごしたい
  • 私の裏側や葛藤をじっくり知りたい
  • 私がコレまでやってきたこと、これからの挑戦に興味がある
  • 時間にとらわれず好きな場所での生活を送りたい!

「意外と変わり者」といわれる私をよろしくお願いします!

ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます!

日々奮闘中の私ですが、これから先もたくさん挑戦して失敗を繰り返していくと思います。

いつか逃げたくなってしまうときもあるかもしれません。

だけど、ピンチはチャンス。必ず乗り越えられると信じています。

今までそうだったから、これからもきっと大丈夫。

その姿を見ていただいて、誰かの背中をそっと押せたら何よりです

目次